「ほっ」と。キャンペーン

遠い日の少女たち Ⅱ

追記あり

私が持ってるたくさんのポストカードの中で、一番好きなカードです。

c0110893_22441962.jpg
ライラックの花を掲げ、うれしそうに手をふる遠い日の少女たち。表には、1909年のスタンプが押されてます。
私には、「おいでよ」と手招きされてるように思えてしまいます。

c0110893_224212100.jpg
こちらは、ミモザで飾られた馬車に乗って。同じ女の子たちです。こちらの消印は、1908年。

c0110893_2250260.jpg
我が庭のミモザも、咲き始めました。春が訪れたのですね。
それにしても、寒いですね。先日の3月の雪には、びっくりしました。
ミモザが咲くと、東北の震災を思い出すようになりました。4年たっても、問題が山積みですね。どうなってるのでしょう。

☆☆☆

この時期になると、いつも「アンの青春」の第十三章「たのしいピクニック」を思い出します。
長靴を履いて、春にふさわしいお弁当を持って、美しいことばかりしか考えない、ちょっとした冒険。
そして、忘れられた美しいへスター・グレイの庭をみつけるのです。
あぁ、私もこんなピクニックをしてみたい。
こうして、「アンの青春」のその章だけ読んだら、
どうしても第二十一章からの「ミス・ラヴェンダー」にまつわるエピソードも読みたくなるのです。
こちらも偶然、道に迷って、出会ってしまうのですよね。
ミス・ラヴェンダーとシャーロッタ四世が住む山彦荘のお話は、長いアンの物語の中でも、一番好きかもしれません。
この「アンの青春」。究極のロマンティックと絶妙なユーモアと人間関係の問題が交ざり合っていて、
その上、双子を引き取ったり、リンド婦人がグリーンゲイブルズの住人になったりと、驚きもあり、かなり好きです。

☆☆☆

c0110893_23301137.jpg
もう手にされてる方もたくさんいらっしゃると思いますが、ターシャのムック本とMOE4月号はターシャ特集です。
今年は、ターシャ生誕100周年で展覧会が巡回するようです。

追記:NHK BSプレミアムで、再放送があるようです。
3月16日(月)9:00~ 「喜びは創りだすもの ターシャ・テューダーの四季の庭」
3月17日(火)9:00~ 「ターシャからの贈りもの 魔法の時間のつくり方」
3月18日(水)9:00~ 「ターシャからの伝言 花もいつか散るように」

再放送 
3月23日(月)0:45~
3月24日(火)0:45~
3月25日(水)0:45~

☆。。。。。。。。。。☆

[PR]
# by masoraly | 2015-03-12 23:41 | goods

遠い日の少女たち

ご無沙汰しております。
長い間、更新しないままなのに、毎日アクセスしていただいて、本当にありがとうございます。
リンクさせていただいてるブログは、ずっと読ませていただいてます~。
お気に入りからアクセスするので、足跡が残ってないと思いますけど・・・人見知りで、コメントもできないのですけど・・・

私の大好きな額の写真をアップしたくなりました。

c0110893_2115362.jpg

アンティークのポストカード大の絵が4枚並んでいる小さな額ですが、見れば見るほど、大好きになります。
遠い古(いにしえ)の、日向(ひなた)の少女たち。やさしく、温かい気持ちでいっぱいになります。
多分、4枚とも同じ絵描きさん。表情の描き方が、なんともいえない。

c0110893_2125246.jpg

c0110893_21305984.jpg

c0110893_21311618.jpg

c0110893_21313227.jpg


☆。。。。。。。。。。☆

[PR]
# by masoraly | 2015-02-05 21:00 | インテリア

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
申し訳ないので、何かアップしようと思います。

GWに北海道で巡った湖の写真です。まだ、雪や氷が残ってます。

c0110893_21063689.jpg

こちらは、阿寒湖に近いオンネトー。一日で五色に変化するらしく五色沼と呼ばれてます。
やっと冬期通行止めが解除したばかりのシーズンで、陽が傾いてきた時刻だし、色の変化は期待してませんでしたが、時間がたつにつれて、中央辺りが赤くなっていきました。
すごく奥の方で、ものすごーく寒くて、とても不思議な場所でした。

c0110893_21154115.jpg

こちらが阿寒湖。絵葉書のような絶景です。

c0110893_21203229.jpg

美瑛にある青い池は、お天気が悪くて、こんな色でした。
それでも人気スポットらしく、観光客がたくさんいて、驚きました。

また、しばらくお休みしたいと思います。
どうぞ、お体に気をつけて、元気にお過ごしくださいね。

☆。。。。。。。。。。☆


[PR]
# by masoraly | 2014-08-12 21:27 | 国内の旅

夏日

c0110893_12023902.jpg
1週間、夏の日差しを浴びながら咲いてくれたカサブランカも、そろそろ終わりのようです。

ブログのアップをお待たせして、大変申し訳ありません。
しばらく時間がとれそうにありません。

ソチ冬季オリンピックが終わった直後に、ウクライナ攻撃のショックがあり、
今回、W杯が終わった直後に、マレーシア航空機撃墜で、ちょっとショックが大きいです。
つい、この数日前に、プーチン大統領、メルケル首相と楽しそうにW杯観てたじゃない。
その後も、飛行機事故が続いていて、なんだか嫌な流れですね。

3連休に、「思い出のマーニー」を観に行きました。
映像がとてもよかったです。お話も、最後は、泣きました。
主人も、よかったと言ってました。

原作は、出会えてよかったとしみじみ思えるような作品です。
ただ、アニメを観るのだったら、先に読まない方がいいと思います。

また時間ができましたら、アップしていきたいと思います。

☆。。。。。。。。。。☆

[PR]
# by masoraly | 2014-07-25 12:23 | 植物・ガーデン

W杯の感想 1

c0110893_10183467.jpg
ちょっとW杯のこと、つらつらと書いてみますね。

ドイツ優勝。おめでとう!!!
決勝戦、いい試合でしたね~。正直、ドイツの圧勝になるかもって予想に反して、緊張感のあるレベルの高い試合でしたね。
アルゼンチン、中3日(ドイツは4日)、準決勝戦はPK戦までもつれた死闘(ドイツは7-1の快勝というか楽勝)というハンディがありながら、本当によくがんばったな~。
この中3日と中4日。「スタジアムはたくさんあるんだから、準決勝戦を同じ日にすれば、同じ条件になるのに、同じ日にすればいいじゃんね。」と主人に同意を求めたら、即座に「それは、クジ運でしょう」。私「・・・・・はっ、そうだったのか・・・」。
ただ調べてみると、決勝トーナメントからは、組だけでなく1位通過か2位通過かで振り分けられるようですね。
3位決定戦を戦ったオランダは、アルゼンチンと同じく死闘だった上、中2日という悪条件。それでもモチベーション高かったですね。

前回の記事は、アルゼンチンVSオランダ戦の前でした。なので、まだまだメッシのゴールが見れると思っていたんです。
MVPキーパーは、文句なしのドイツのノイアー。かっこいいですよね~。
MVPはアルゼンチンのメッシでした。あんないい決勝戦を見せてくれたアルゼンチンにも、なにかあげたかったんだろうなぁ。
私も、MVPに値する活躍は、オランダのロッペンだと思います。しかし、彼の場合、ダイブがありますから。ファウル欲しさに、自分から大げさに転ぶことなんですが。メキシコの監督が、対戦前にこれを指摘して、審判たちにちゃんと見抜くようにお願いしたということがあって。で、その試合で、いくつかやっぱりダイブがあって。この問題がなければ、ロッペンだったでしょうね。

MVPは、ベスト4のチームから選ばれるので、ミュラー他のドイツの選手というのもあるけど、GKがドイツだから、他の国に。
オランダのファンペルシー、同情票も入れてブラジルのネイマール(途中から故障なのでないかな)というのも考えられるけど、やっぱりアルゼンチンにあげたかったんだと思う。じゃぁ、マスチェラーノでしょうとも思うけど、メッシをさしおいて他の選手というわけには(笑)。なので、メッシで妥当じゃないでしょうか。ベスト8までは輝いていたし、窮地を救ったし、ゴールはなくても、決勝戦までアルゼンチンを引っ張ってきたんですから。

メッシが王様とか、走らないとかディフェンスしないとか、メッシとその他のチームとか、そんなこと、とやかく言うのは間違ってると思います。
それは、アルゼンチンの戦略で、それが成功して決勝戦までいったんだから。他の選手たちが、文句を言ったり、内部分裂してるわけでもないですし。メッシが、混戦をさけて、ピッチの端をぶらぶらしてるように見えるのも、ネイマールのように標的にされて負傷させられるリスクを避けるためだと思います。メッシが負傷したら、ブラジルと同じ運命ですから。

むしろ、私は、フェアプレイ賞がコロンビアっていう方に違和感があります。
ネイマールへの膝つきをしたのは、コロンビアのスニガですから。あの映像、あの瞬間の顔。悪魔ですよね。魔がさした人間って、本当に悪魔の顔になるんだなぁって身震いしちゃいます。もう2センチずれてたら、ネイマールは車椅子生活になっていたんですよ。あれは、公開暴力。なのに、カードも出なかったし、何のお咎めもなし。あれを、通常のプレイだというのだったら、申し訳ないけど、サッカーは辞めた方がいいんじゃないかと思ったりします。

以前、「サッカーは格闘技だ」と言ってた知り合いがいましたが、あの目にあまる危険なプレイは、どうにかならないのでしょうか。きっと、テレビの前で、サッカー少年たちが、目をきらきらさせながら、見入ってると思うんですよね。そのサッカー少年たちに一番足らないのは、こういう危険すれすれのプレイで、そのまま真似とかしないかしらね。

まだまだ書き足らないのですけど、一旦、ここで終わります。

☆。。。。。。。。。。☆

[PR]
# by masoraly | 2014-07-16 12:11 | スポーツ観戦 | Comments(4)

Exercise

こんばんは。
W杯に明け暮れているうちに、本格的な夏になっていました。
c0110893_20413577.jpg
主人の親戚に、マンゴー農家の方がいらして、毎年送られてくる完熟マンゴー!!!
写真では大きさがわからないけど、特大サイズです。
これを、まるかぶりすると、夏本番です。
「おいしいーっ!」「ほっぺた落ちそう!」「スーパーで買う気にならないね~」

次は桃の季節ですが、この台風。収穫前の一番大事な時期。どうか、被害がありませんように。
もちろん、これ以上、命の危険などの被害がありませんように。

emoticon-0157-sun.gif

前回の記事ですが、たくさんの方が検索してこられています。お役に立てたでしょうか。
「私もこの番組好き」とか「私もひと耳ぼれしました」なんて声が聞きたかったです。
先週のポルトガル・マデイラ島も泣いたし、その前のチェコ・南モラビアは、号泣ってくらいに、心に染み渡っていきました。

emoticon-0155-flower.gif

W杯、見続けてますよ~。ただし、今回は「夜更かし禁止令」発令中でした。
2月の冬季オリンピックも夜更かししないと宣言していたのに、結局、フィギュアシングルは、夜中の1時過ぎから5時近くまでLiveで見てしまいました(汗)。
今回は、どうしようと思っていたのですが、ニュースやネットで試合結果が耳に入ってこないように情報シャットアウトして、録画放送を楽しみました(笑)。
グループリーグは、BS1で3試合、4試合続けて見たりしてました。
午後2時から夜10時まで4試合。夕食作ったり、お風呂に入ったりしながら、ひきこもり主婦です(笑)。
この試合はあきらめて、次の試合までの2時間で買い物から帰ってくるとか(爆)。
あ、もちろん日本戦はLiveで見たし、夜寝る前とか朝起きた時やってる試合は、そのまま見てます。
決勝トーナメントになってからは、早起きして見たりとか、朝一番に録画を見たりとかしてます。

オリンピックの時もでしたが、とても役にたったのは、Panasonicブルーレイディスクの24時間自動録画機能です。
選んだ数チャンネルを、自動で24時間録画してくれて、2週間消えないのです。
最初、テレビばかり見ていられないし、そんな機能必要なのかなぁと疑問でしたが、これが、役に立つのです。
スポーツとかドラマとか、一度見るだけという番組を、勝手に録画していてくれるので、大助かりです。

で、感じたことやあの試合はどうだったとかいろいろあるのですが、そういうことって口頭でしゃべるもので、こういうところには書けないですね。
なので、スポーツ(?)つながりで、我が家のプライベートエリアであるトレーニングルームの写真でも。
家を建築中に、壁一面を鏡張りにしたトレーニングルームと名のついた部屋があるとアップしたことがあるのですが、

c0110893_22161106.jpg
その部屋で、毎晩ストレッチしている体操マット(笑)です。
以前通っていたヨガ教室では、特注の分厚いヨガマットを使っていて、それがとてもよかったので、同じようなのが欲しいなぁと探したのです。でも、なかなか同じようなのがなくて、これかなぁとポチッたら、届いたのは体操マット!
どうりで、確認の電話がきたのだわ。体操マット、個人で買う人はまずいないでしょうね。
愕然としてしまい、しばらく和室に放ってました。甥たちにも、なんで体操マットがあるんって不思議がられるし。
しかーし、これが、今では、私と主人の大のお気に入りなのです。破れたら、また同じものを買おうって言ってます。
弾力が抜群で、気持ちいい~のです。このマットに寝転ぶと最高に気持ちいい~のです。

c0110893_22344073.jpg
こちらは、一面を鏡張りにした時から買うつもりだったホーム用スタンドバー。
マーティのもので、FAIRYで購入しました。
バーにトゥシューズをぶらさげて写真に撮ろうと思ったけど、シューズが見当たらないのです。まさかと思うけど、捨てちゃった?
バレエを再開するって前に書いたのですが、やっぱり時間が合わずに、行けてません。
田舎暮らしと習い事については、いつか書きたいと思ってます。
奥にWiiが、鏡に映ってますね。
c0110893_23075928.jpg
中村格子先生のバーエクササイズ。テレビでは一度しか見ていないのですが。
FAIRYで一緒に買ったワガノワバレエアカデミーのDVD。
今は、もっぱらマットでのストレッチばかりです。

あと、この部屋には、ロデオクィーン(まだ使ってます)とかラテラル(足踏みマシン)なども置いてるので、スペースがなくなり、主人のマシンは、彼の部屋に。
c0110893_23251743.jpg
消費税増税前に駆け込み購入した、なんだかすごいマシン。
主人は、これやWiiで、ひと月半ほどで、4Kg痩せました。
Wiiは、はじめはヨガなどやってましたが、今では、もっぱらカラオケです(笑)。
マイク2本用意して、二人で熱唱してます。

c0110893_00015422.jpg
トレーニングルームのカレンダーは、こちらの方・・・オホホホ

emoticon-0159-music.gif

W杯、ブラジルはショックでしたね~。主人も友人もネイマールファンでブラジルを応援していました。
若い選手が多いからね。だから精神力が弱いってのもあるけど。4年後にリベンジですね。
大会前からブラジルを筆頭に南米勢優位って言われてたけど、今回はオランダの雪辱大会になるんじゃないかと思うようになりました。クジ順もよかったし。30歳トリオは、経験豊富で絶好調だし。
4年前が、よほどくやしかったんだろうと。
まだW杯での優勝が一度もないので、喉から手が出るほど欲しいと思ってるだろうと。
しかし、4年前がくやしかったのは、オランダだけでなく、ドイツもなんですよね。
ドイツなんて4年どころか12年分の雪辱を晴らしたいでしょうね。
勝ちたい気持ちが、ドイツの方が上まわっていたって、レーウ監督も言ってたし。
軽いインフルエンザ流行なんて話、どこに行ってしまったんでしょうね。
それがあったから、より集中力や結束力が増したのかもしれません。
しかーし、私は、最優秀選手は宇宙人メッシを応援してます。どのゴールも、キラ星のごとく光ってる。
南米勢最後のチームとして、アルゼンチン、意地を見せてほしいです。

☆。。。。。。。。。。☆


[PR]
# by masoraly | 2014-07-09 21:42 | スポーツ観戦 | Comments(0)

CDのお話

今日は、テレビのお話から。
最近、とっても楽しみにしている番組を二つほど。
まずは、タイトルと番宣の映像を目にした時から楽しみにしていた、NHKBSの「世界で一番美しい瞬間(とき)」。
c0110893_17201954.jpg

最初のシチリア島のアーモンドの花と羅平の菜の花の二本立てを観た時から感動してしまって。
普通の人々が、毎日の営みを粛々とこなしながら、年に一度のこの瞬間を待ち続けている。
私の琴線に触れてきます。
回を追うと、あーまた泣かせるようなストーリーにもっていこうとしてるなぁって
思いはするのだけど、それでも、やっぱりぐっときてしまう。
それは、人々の本物の喜びの顔と、そして、旅人であるNHKアナウンサーの人間性も反映してるのだと思う。
どの方も素直で優しくて、一歩引いていて、現地の方にかわいがられていて。
ベネチアの和久田アナは、最高でしたね。ブータンの小宮山アナの涙でくしゃくしゃの顔も。

c0110893_18172972.jpg

なんといっても、この番組の魅力は音楽。
始めて聴いた時からひと耳惚れ(笑)してしまい、早速、阿部海太郎という名前をチェックし検索しました。
すると、WOWOWでやってる「W座からの招待状」という小山薫堂さんの映画のコーナーがあるのですが、
そのテーマ曲を作った人だとわかりました。安西水丸さんの絵と音楽がぴったりだったんですけど。

「世界で一番美しい瞬間」の音楽は、この番組のための書き下ろしなので、まだCDになっていないようです。
阿部海太郎さんのCDは何枚か出てるようですが、その内の一枚
「6,Rue des Filles du Calvaire,Paris」 パリ・フィーユ・デュ・カルヴェール通り6番地

海太郎さんは、パリの大学に留学した時期があり、帰国した時に、友人たちにお土産として配ったCD-Rが評判がよく、メジャー展開になったものだそうです。

パリの駅や街角やビストロで録音した音たちと、海太郎さんの音楽がつながっていて、心地いい空間に満たされます。
曲の並び方など、よく練られていて、しっくりくるし、いつまでもずっと聴き続けています。
こちらは、収録曲のひとつ「バスティーユのアメモヨイ」Le ciel de la Bastille entre-deux-eaux




もうひとつ、とっても楽しみにしているのは、BSフジの「ヨーロッパ空中散歩」。
これは、15・6年前に、フジテレビで放送されていた2分ほどのミニ番組「鳥になる日」が、
制作会社やディレクター、ヘリコプター操縦士やカメラマンまで、当時のままのスタッフで一時間番組として復活したもの。
昨年10月から始まったのですが、南フランス、北フランス、今はイタリアを飛んでます。
北フランスは、「この道、走ったね~」と主人と盛り上がりました。

映像が、操縦が、すばらしいのです。
ナレーターは、斉藤由貴さん。いいんですよね~。やわらかくて、どこか遠くに連れて行ってくれるような。
イタリア①の氷河あたりの間の取り方(細かい 笑)といったら。
BGMの選曲も秀逸で、もう夢心地です。
CMがなければいいのに。

c0110893_20101282.jpg

もしかしたら大昔 私は鳥だったのかもしれない
天高く大空を舞って大気に抱かれる鳥だったのかもしれない

c0110893_20131897.jpg

この番組のテーマ曲がまたよくて。しばらく耳から離れなかったです。
で、また溝口肇という名前をチェックして検索(笑)。
このテーマ曲も15年前のままなのですね。
こちらに収録されてます。「Espace」。
あの「世界の車窓から」も、同じディレクターで、同じく溝口さんの曲でした。
他にも、ドラマの曲などいくつも提供されているのでした。

私絶対これ聴いたことあるなぁ、あ、この曲はもしかして夫がもってるかもしれないと思い至り。
なんと、主人が、まったく同じCDをもっていたのでした。十数年前に買ったらしい。
新婚の頃は、主人のCDばかり聴いていたし、彼は、もってるCDを全てアイフォンに入れて、車で聴いているので、私も、何度も聴いてるはずなのでした。それなのに、覚えていなかったようです。
映像と一緒になって、始めて、響いてきたのでした。つくづく、私は映像に弱いようです。
こちらが、その「鳥になる日」。



☆。。。。。。。。。。☆


[PR]
# by masoraly | 2014-06-04 21:09 | 音楽・バレエ・演劇 | Comments(0)

sorry...

c0110893_22523206.jpg

いつもありがとうございます。
なかなか更新できなくて、すみません。
一日があっという間で・・・
バラの最盛期も、終わりですが、全然写真を撮っていません。
では、また。近々・・・

☆。。。。。。。。。。☆


[PR]
# by masoraly | 2014-05-27 22:46 | 国内の旅 | Comments(0)

春の初めの北海道

今年のGWは、マイルで北海道に行きました。
蝦夷山桜が、やっと咲き始めたばかり、まだまだ寒い北の大地。
鳥や動物たちは、巣で卵を温めたり子育ての真っ最中で、増え過ぎて困っているというエゾシカさえも、なかなか出会えないようなオフシーズン。
それでも、行きたい北海道emoticon-0155-flower.gif
地元の方に、何度となく「北海道は何度目ですか?」「何年前に来られたのですか?」と聞かれ、適当に答えていたのだけど、帰宅して、このブログで調べたら、4年半前の初秋に行きました。
正直に話すと、去年、主人は某航空会社の某会員になるべく奔走していたのですが、その中で、新千歳空港に一緒に行ったことがありました。それ以来です。
c0110893_00082909.jpg
今回の一番の目的は、釧路湿原でカヌーをすること。

c0110893_00110126.jpg
丹頂は、もう見られないだろうとあきらめていたら、夢のような時間が舞い降りてきました。こちら野鳥です。

c0110893_00124261.jpg
今回は、摩周湖には寄れないと思っていたら、意外に近くて立ち寄りました。雲ひとつない快晴!このブルー!

c0110893_00144274.jpg
後半は、ガーデン巡り。6箇所訪れることができました。この写真は、上野ファーム。エゾエンゴサクが美しい~。

c0110893_00182263.jpg
こんな素敵な場所で、ディナーしたり。

☆。。。。。。。。。。☆

[PR]
# by masoraly | 2014-05-10 00:19 | 国内の旅 | Comments(0)

Smile


c0110893_11521501.jpg

今日は、音楽のお話をしようとパソコンを開けたら、真央ちゃんの最新DVDがTOP3入りを果たしたとニュースになっていました。

c0110893_11570233.jpg
Smile~氷上の妖精10年の奇跡~

さて、今シーズンの浅田真央選手のエキシビション。
「スマイル/この素晴らしき世界」ですが、真央ちゃんが、「練習するほどにこの曲が好きになっていった」とおっしゃるように、私も、見る度に好きになっていって、最後には、CDが欲しいと思うようになりました。

c0110893_12084378.jpg
浅田真央スケーティング・ミュージック2013-2014

フィギュアスケート関連のCDは、毎年出ているのですが、その中でも、真央ちゃんのこのシリーズはとても好評のようです。
こちらも聴いてみたいですが、私は、ヴォーカルに興味をもったので、調べてみました。
IMAというカナダのフランス語圏ケベック州生まれのアーティストが歌っています。



この曲は、ジャズの名曲「Smile」と「What a Wonderful World」のメドレーになってるのだけど、ひとつの曲のように完成してます。

辛いことがあっても笑ってみて
くじけそうでも笑ってみて
空が曇っていてもきっと大丈夫
怖くても、悲しくても笑ってみて
笑顔でいれば、きっと明日は、太陽があなたのために
輝いてくれるから

人生はまだ捨てたもんじゃないから
見て、あの木々の緑と赤いバラを
私とあなたのために咲いているの
そんな時、ふと、世界って素晴らしいって思う


このCD「Smile」。どんな選曲だろうと視聴すると、私が聴きたかった「冬の庭」や「Le Sourire De Mon Amour」が入っていて、さらに、「人生よありがとう」という曲を、とても聴きたくなりました。

こちらが、「Gracias A La Vida」。チリで歌い継がれてきたスペイン語の曲です。

こちらは、「Le Sourire De Mon Amour」。アメリカ映画「いそしぎ」のテーマ曲のフランス語ヴァージョンです。
この映画、テレビで観ましたが、ロケーションと音楽は素晴らしいのだけど、映画自体は、なんだかなぁという感じでした。
エリザベス・テイラー主演です。 

IMAさんご自身が書かれた「Reviens」という曲もいいです。
他の曲もよくて、このアルバムは、カナダでは大成功をおさめ、プラチナ・ディスクになったようです。
 IMAさんは、忠実な人道主義者で、アフガンの女性を支援するためにカブールまで行ったりと社会的な正義に関する問題にも真剣に取り組んでおられるそうです。そういうワールドワイドな世界観が伝わってくるヴォーカルだと思います。

IMAの「冬の庭」は、みつからなかったので、ステイシー・ケントの「Jardin D'Hiver」をおまけで。
IMAとは対照的な印象ですが、こちらもいいなぁ。


☆。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。☆


[PR]
# by masoraly | 2014-04-23 12:53 | 音楽・バレエ・演劇 | Comments(0)